BLOG

NeosVRには"Metaverse Maker Competition"というイベントが毎年開催されています。

このイベントはNeosVRで、ワールドやツール、ゲームやアートなどのコンテンツを1ヶ月で作って競い合うという、いわば長めのハッカソンみたいなイベントです。 全部で9つのカテゴリーが存在し、それぞれで優勝作品1つと、1~2個の佳作が選ばれます。 賞金が総額30万ドル(仮想通貨で、大会開始前のレートの換算)もある大規模なイベントで、今年は438名の参加、197作品の応募がありました。

以前から存在は知っていたのですが、タフなイベントであるのと、なかなかスケジュールが合わないでしばらく見送っていたのですが、今年は例年と異なり 2月中の開催ということもあり、初めて参加させていただきました。

主に3つの作品の公開に携わったので、この記事ではそれを紹介しようと思います。

Metaverse: Debug Warrior

ESD(Education, Science, Dataviz)カテゴリーにて応募した作品です。 個人で作成しました。

低レベルプログラムがナレーション役のNPCつきで学べるってのがテーマのワールドです。 Human Resource Machineみたいな感じにはなるのですが、Human Resource Machineではレジスタマシンをターゲットにしているのに対し、 当ワールドではスタックマシンをターゲットにしています。

これは、以前作ったTurtleCoding!がスタックマシンをターゲットにした高レベルプログラミングをテーマにしたワールドだったので、 高レベル<->低レベルの両方からの解説を用意することでより教材として趣のある物になるようにという狙いもありました。

> NPC Engine

ナレーションの条件分岐や演出、ステージ遷移を制御するのは大変です。

これを解決するために、軽量なスクリプト言語を用意して、NPCがそれを実行できるようにしました。

StackBot君
光っている文字がこのロボが備えているコマンド

スクリプトの例
スクリプトの例

この機能自体は簡単に作ることができて、これによりローカライゼーションも簡単に行うことができました。

> 佳作を受賞しました

MDW記念写真

大変ありがたいことに、佳作をいただくことができました。

でもそれよりも嬉しかったのは、多くの方にプレイしていただけたことです。Twitterでもプレイ報告を上げてくださってくれた方が多くいて、大変喜んでおります。本当にありがとうございます!

Easy Auto Poser

Easy Auto Poser
あむ&ととがんま

TAU(Tool, Apps, Utility)のカテゴリで応募していました。 写真左のあむちゃんと共同のプロジェクトです。

VR空間上にワールド装飾で椅子やこたつ、ベッドなどを配置することはよくあるのですが、 それらのオブジェクトに対して適切な姿勢(例えば椅子なら座ったポーズ、こたつなら足をのばす…など)を取ることは体のトラッキングの都合上難しい場合があります(専用のトラッカーが必要/つけるのがめんどくさい)。

だからといって、椅子を囲んだりベッドの上で立ち話をするのは不自然な光景になってしまいます。

これをある程度解決する方法としてアンカーという概念があって、いわゆる「椅子に入る/出る」専用のボタンを用意して、それを押すことでアバターを特定のモードに移行することができる…というものです。 ただ、頻繁に移動したかったり、座った状態で場所を微調整したいといった要望に対してはアンカーはあまり良く答えてくれません。

そこで作ったのがこのEasy Auto Poserです。これは、椅子やランニングマシンなどの、アクションが取れるアフォーダンスのあるオブジェクトにこっそり仕込んでおくことで、「近づくだけで適切なポーズにスムーズに切り替わり、 離れようとするだけでスムーズにもとの姿勢に戻る」というものです。

また、余談なのですがこのオブジェクトではちょっと独自研究により確立された、バグ技とまでは言いませんがグレーな仕様を突くLogiXが使われており……結構面白い仕組みになっています。

Platform 9¾

某ポッターのアレです。一発ネタです。ミームカテゴリに提出しました。

potter
写真はTwitch配信のクリップ

これもあむちゃんと作りました。

終わりに

かなりハードなイベントで、ストレスもありましたが、なかなか面白かったです。

そして!MMCのイベントの目的でもあるのですが、このイベントによりまたNeosVRにかなり高品質なコンテンツが大量に増えています!197ワールドも増えているのでとても廻りきれませんよね。

ぜひNeosVRを起動した際は僕の作ったワールドもチラ見していただけましたら嬉しいですが、他のMMC作品も楽しんでみてください!

P.S.

睡眠は壊れました

brokensleep

カテゴリ: NeosVR タグ: NeosVR, VR