Software
Blog:
新テーマと振り返り
ご挨拶 もう1月も半ばとなってしまい今更感もありますが、あけましておめでとうございます。 昨年も多くのご縁があり、大変お世話になりました。何卒今
Blog:
コンポーネントの値を外から操作したい!RefIDオフセットの世界

この記事はNeosVR Advent Calendar2022 15日目の記事です。

NeosVRで任意のアイテムのコンポーネントを取得したり、その中のフィールドにアクセスしたい!そう思ったこと、一度はありますよね。

NeosVRでは、一般的な方法でではslot(Unityで言うGameObjectのこと)にアタッチされているコンポーネントの一覧やそれぞれの参照、 そして、そのコンポーネント内のフィールドにアクセスするためには、事前に自らLogiXツールチップを使ってインターフェイスノードを出したり、インスペクターから ReferenceProxyを介してドラッグアンドドロップしておく必要があります。

大抵の場合はこれで十分ではあるのですが、アバターを自動でカスタマイズしたり、外からインポートしたアイテムなどを一括で大量に編集したいなどのユースケースにおいてはこれができないと不便です。

…なのですが、実は、“RefID"を駆使するとこれが可能になります。

Blog:
[C++]wsl上からwindows向けにmakeする

wslではexeがexecutableとしてマークされており、通常バイナリと同様の手順で起動することができます。
当然linuxのsyscallが使えるわけではないので、起動すると言ってもホスト側で起動してくれるだけですが、これは絶妙に便利な機能ですね。 参考

たとえば、clip.exeがpbcopyと同じノリで使えるのもこれのおかげです。

Blog:
ConcourseCIでもパラメーターつきビルドがしたい
ConcourseCI、見た目が良くて、何よりジョブがいい感じに可視化されるので、「何をやってるのか」がひと目でわかっていいんですよね。ドキ
Works:
[CLI] today.md

today.mdは日報ベースのTODO管理CLIアプリケーションです。
TODO管理アプリって、わざわざアプリを立ち上げる面倒くささから使わなくなってしまうのですが、
コマンドラインなら常に触ってるし、心理的ギャップがほぼ0じゃん!ってことで作りました。

Github

Works:
[Electron] timesline

TimeslineはSlackの分報チャンネルをTwitterのように一箇所に集めて表示できるアプリケーションです。 分報文化であることの"Times"をtimeline表示をすることからきています。

Blog:
Reactをelectronでチョッパヤでアプリ化する
本記事ではいかにチョッパヤでアプリ化するかというところに焦点を当てるので、開発時の便利さ(live reloadなど)は省きます。この辺をいい
Blog:
MMC22に参加しました
NeosVRには"Metaverse Maker Competition"というイベントが毎年開催されています。 このイベントはNeo
Blog:
[URP]Unityシェーダーレシピ集
はじめに 最近ゲームをチマチマ作るにあたり、シェーダーのカスタマイズを施す機会が増えてきました。 シェーダーのカスタマイズって既存のもののライテ
Blog:
Spotifyのプレイリストをスプレッドシートに同期する
Spotifyのプレイリストをテキストで欲しいな~と思ったのでスプレッドシートへの同期をGASで組みました。 あと、追加のメリットとしてはSp
Blog:
スプレッドシートをjsonとして出力するボタンを作る
はじめに こんにちは。ととがんまです。 最近はこんな感じのゲームを作り始めました。 自分のVRMモデルがモクモクと作業してるところ見守るタイプの疑
Works:
Logix Virtual Machine X SDK
LVMX-SDKはNeosVR内で作られた仮想マシン「LVMX」をターゲットにしたCコンパイラとそのライブラリ、加えてwebで動作するシミュ
Works:
[NeosVR] TurtleCoding!
NeosVRにTurtle Coding!というワールドを公開しました。 概要 ブロックを組み合わせてscratchのようにプログラムを書き、それ
Blog:
pythonでのCコンパイラ作成に役立つライブラリメモ
この記事では僕がスタックマシン用にC言語のコンパイラを作ったときに使ってみたフロントエンドのライブラリのメモ書きを残してます。あくまでも「手
Blog:
計算機オタクから見たNeosVR
皆さんこんにちは。突然ですが、きっとこのブログを読んでくださっている皆様は、一度はマインクラフトのレッドストーン回路に熱中し、加算回路やそれ
Blog:
golangでdynamoDBを叩く

バイトでgolangでdynamodbを叩くlambdaを書く機会があったので、そのときに調べたことを軽くメモしています。 goはほんと触りたてなので、あたまわるコードや誤りが存分に含まれている可能性高いです。

Blog:
macでfaviconを作る(ローカルで)

favicon、定期的に作るタイミングこそくるものの、そんな頻繁に作るものでもないので作り方忘れちゃうんですよね。もう人生で何回もググってる気がするのでいい加減メモしておこうと思います。

Blog:
HUGOで固定ページを作成する

ロクにドキュメントを読んでいなかったので、このサイトでは今まで意味不明な方法で固定ページを作成していましたが、 今回セクションごとのパラメータをつける方法を調べた副産物で正しい方法(?)が分かったのでメモします。

Blog:
HUGOで隠しコンテンツを配信する

最近、日記を書くようにしました。せっかくなら公開しようかなという気持ちと、 ここでそんなものを配信し始めたら、一瞬で有用コンテンツの割合が消えてしまうという気持ちの折衷案として、 このサイトで 隠しコンテンツ として配信することにしました。

ここで言う 隠しコンテンツ の要件は次の4つです。

  • サイト内リンク一覧に出現しない
  • RSS配信されない
  • サイトマップ登録されない
  • クローラにインデックスされない

今回は、この4つの要件を満たすセクションができるようにHugoをカスタマイズしようと思います。

Blog:
HUGOのRSS出力に画像を設定する

hugoはデフォルトでRSSまで出力してくれて便利なのですが、カスタマイズするに当たって調べることがあったのでここにメモします。

Blog:
HUGOをtwitterCardに対応させる

Twitterに限らず、最近の様々なSNSではリンクを共有したときにリッチな表示をしてくれますよね。 このサイトもその表示に対応したので、その方法をメモしておきます。

Blog:
Trello Cover Maker を作りました

僕は普段Trelloでタスク管理をしているのですが、項目が増えすぎると横が長くなりすぎちゃうんですよね。 なので、一つのリストに見出し用のカードをいくつか追加して使っています。

Works:
Trello Cover Maker

Trello用のカバーを作成するための簡単なツールです。

Blog:
HUGOで個人サイトを作成・ホストする

個人でブログサイトを作り公開する方法は複数ありますが、最近はサーバーレスアーキテクチャが流行っているので できればそれを使ってみたいですよね。そこで注目しているのがHugo+AWSの組み合わせです。この記事では、Hugoの使い方・カスタマイズの仕方と AWSを用いてホストする方法までを解説します。

Blog:
万能makefileができるまで

「makeを使うと開発が非常に楽になる」というのは雰囲気でなんとなく分かりますが、 どういう問題をどう解決してくれるのかがイマイチ分からないので手をつけにくいですよね。

この記事ではmakefileの基本の書き方から、C/C++のコードを 依存関係を考慮して効率よくビルドできる makefileがどうできるのかを解説します。

Blog:
引越ししました(n回目)
引っ越ししました。n回目です。 今回はデザインを一新して、いままでの緑白の線を基調としたデザインだったのを 黄色黒ベタ塗りデザインにしてみました