BLOG

最新の記事

こんにちは。 最近VRChatが楽しく、自分のアバター制作にもついつい力が入ってしまいます。

Blender2.8になってメッシュ選択モードが<C-Tab>から数字の1, 2, 3キーになりましたが、 Emulate Num Padをオンにしていると、これはそのままでは使えません。 シフトをつけたりいろいろカスタマイズすることで使うことができるようなのですが、それもちょっと微妙かなとも思いました。

せっかくなら今ボクは第4マウスボタンが余っているので、それでメッシュ選択モードを選択できるように ちょっとプラグインを書いてみました。もちろんマウスボタンじゃなくてもすきなキーにアサインできます。

こんな感じでいつものパイメニューが出て選択できる感じです。

pi menu

たぶん他にもっといい設定とかプラグインとかあるとは思うのですが、一応共有します。

bl_info = {
    "name" : "Pie Mesh Select Mode",
    "author" : "thotgamma",
    "version" : (0, 1, 0),
    "blender" : (2, 80, 0),
    "description" : "Custom Pie Menus",
    "category" : "3D View"
}

import bpy

class VIEW3D_MT_netgammalab_pmsm(bpy.types.Menu):
    bl_label = "メッシュ選択モード"
    bl_idname = "VIEW3D_MT_netgammalab_pmsm"

    def draw(self, context):

        layout = self.layout
        pie = layout.menu_pie()

        vert = pie.operator("mesh.select_mode", text='Vertex', icon='VERTEXSEL').type = 'VERT'
        face = pie.operator("mesh.select_mode", text='Face', icon='FACESEL').type = 'FACE'
        edge = pie.operator("mesh.select_mode", text='Edge', icon='EDGESEL').type = 'EDGE'


def register():
    bpy.utils.register_class(VIEW3D_MT_netgammalab_pmsm) 


def unregister():
    bpy.utils.unregister_class(VIEW3D_MT_netgammalab_pmsm)


if name == "main":
    register()

使い方としては、これを好きな名前.pyで保存して、Blenderでプリファレンス->アドオン->インストールでそのファイルを選択し、インストールします。 その後、キーマップ->3Dビュー->メッシュ->Mesh(Global)のタブ内の一番下の[+ Add New]ボタンを押します。 後は、トリガをお好きに設定して(キーボードのDキー押下など)、以下のように入力します。

setting example